豊中のトータルボディ整体 ONE & ONLY。腰痛や肩こり、骨盤矯正から男女問わずスポーツコンディショニングまで幅広く対応する豊中の整体です。

豊中のトータルボディ整体 ONE & ONLY  ワン・アンド・オンリー

スポーツ
コンディショニング

スポーツコンディショニング

からだの歪みを整えるオールハンドの整体、PNFストレッチ、トレーニングで本来の筋肉の動きを取り戻し、パフォーマンスアップと怪我リスクの低減を実現します。

ストレッチ③

各種スポーツ(野球 サッカー ゴルフ バレーボール 陸上競技など)の選手を応援していま。

ケガや故障で競技人生を断念してしまう方は多くいます。自分もその一人です。自分にも相談出来るトレーナが居たら違ったのかな?と今でも思います。

からだ(姿勢)を支えるには骨・靭帯・筋が必要になります。
人は大小含めて約600の筋肉があり、いろんな状況に合わせて変化し、その時の姿勢を支えています。

ハリ=悪いと言うことではなく、良いパフォーマンスを発揮する上である程度のテンション(緊張)は必要になります。

しかし同じハリでも、過緊張となると別モノになり、取り除く必要があります。

施術やストレッチで筋の柔軟性を取り戻すだけではなく、「なぜ硬くなったのか?」「なぜ痛くなったのか?」という原因から改善し、ハリや緊張を取り除いていきます。

コンディショニングだけでは防げない場合ももちろんあります。しかし、コンディショニングでからだの疲労回復、筋肉の過緊張を改善しておく事で、故障の予防、リスクを低下させます。
柔軟な筋により可動域が広がると、フォームの安定飛距離アップも期待できます。

現場での経験を活かし、競技生活を長く続けて頂けるように全力でサポートいたします。

メリット

● 競技前のコンディショニングでパフォーマンス向上

筋肉の柔軟性を高めると関節可動域が広がる事で動きが変わり、より良いパフォーマンスが発揮できます。(スイングスピード、飛距離など)

●練習・試合後のメンテナンス

激しい動作の連続により硬くなった筋肉の緊張を緩めていく行くことで、疲労が残りにくいです。

●故障の予防

柔軟な筋力、疲労を蓄積させない事で、筋や関節への負担が軽減します。

コンディショニングを崩す要因

パフォーマンスを最大限発揮するためには、良いコンディショニングを維持することが不可欠になります。
選手やスポーツをされる方がコンディショニングを崩す場合、体調管理や身体のケア不足など同じミスを繰り返される事がほとんどです。
例えば雨の中気温も低く、グラウンド状況も悪ければ試合や練習後、普段以上にからだのケアをしなければいけません。滑りやすくなったグラウンドにも注意しないといけないので疲労度も違います。
こういった身近な事がコンディショニングを崩す原因となっているのが現状です。

【トレーニングとストレスによる要因】指導風景 025 2

●オーバートレーニング・・・強度 時間 頻度

●物理的ストレス・・・天候 気温 湿度

●生理的ストレス・・・スポーツ傷害 睡眠不足

●精神的ストレス・・・緊張 不安 プレッシャー 人間関係

良い状態を維持する為にも、普段からしっかりとからだのケア(運動前・運動後)をしておく事が欠かせません。

RICE処置

RICE(ライス)とは応急処置の基本であるRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとったもので、打撲や捻挫などスポーツでよく起こるケガの多くに対応できる応急処置です。処置が早ければ早いほどケガの回復は早くなるので、このRICE処置はとても有効な応急処置法といえます。

Rest
(安静)
動かさずに安静に保つ。
Ice
(冷却)
発生後間もなくは氷で冷やし、内出血や炎症を抑える。
Compression
(圧迫・固定)
包帯やさらしを強く巻いて圧迫・固定し、出血や晴れを防ぐ。
Elevation
(挙上)
心臓よりも高く持ち上げる。

tel06-6151-9998
営業時間 10:00〜20:00     定休日:日・祝

予約状況についてはお問い合せください。(最終受付:19時20分)