豊中のトータルボディ整体 ONE & ONLY。腰痛や肩こり、骨盤矯正から男女問わずスポーツコンディショニングまで幅広く対応する豊中の整体です。

豊中のトータルボディ整体 ONE & ONLY  ワン・アンド・オンリー

(症例) 高校生 野球部 膝の痛み

野球部 高校二年生(16歳) のケース

 

両膝の内側に痛みがあり、その痛みが約4か月経っても良くならないと来られました。

冬場になり、下半身強化のため走り込み中心の練習メニューが増え、走っていると両膝(特に左側)が痛みだしたそうです。
最初は痛み出ると安静にして、痛みがおさまると再び練習に参加。でもしばらく走るとまた痛むの繰り返し。

病院へ行き、レントゲンを撮っても特に異常無しと言われ、違うところではMRIで内側の半月板に少し傷があるとの診断で、プールで水中ウォーキングと太ももの筋トレをしてくださいと言われて続けていたが、痛みがおさまってもまた痛むの繰り返しだったそうです。

はじめに立ち姿勢を見た時、反り腰と右の骨盤がやや前方出ているのが気になりました。
検査や可動域チェックでも痛みは無いが、ハムストリング・大腿四頭筋が硬く、少し動きが悪い状態でした。
腰周囲は右投げ右打ち特有の片側運動が続く事で骨盤の歪み、足の長さの違い右背部のハリがありました。

さらに足首も硬く可動域制限があり軽度の外反母趾も見られました。足裏バランスも不安定で膝にストレスがかかっていると思いしました。


今回のケースでは骨盤の歪み、股関節~足の関節軸の調整、背部・大腿部の筋肉調整と足元バランスを安定させるためにテーピングを巻きました。

施術後、より早く改善するための膝痛改善・腰部のストレッチと足指の運動を紹介しました。

最初の1ヶ月間は週1回の間隔で施術をおこないました。

2回の施術でからだの歪みも改善し、はじめに比べて痛みもあまり気にならなくなってきましたが、太ももの筋緊張はまだ有りたまに気づくと痛みを感じる。

3回目の施術から運動療法、膝の状態をみながら競技復帰のためのチューブトレーニング・バランストレーニングも取り入れながら進め、5回目では痛みが気になる事が無くなり、からだのバランスもかなり安定してきました。

現在はバッティングやキャッチボールをしても痛みも無く、練習でダッシュなどのランニングメニューも徐々に増やしながら、2週間に1度の施術、トレーニングの強度を上げなが競技復帰のために頑張っています。

スポーツ選手にとって痛みの再発予防や競技復帰のためのトレーニング計画はとても重要になります。

症状などの違いで個人差はありますが、はじめは1週間から10日に一回ぐらいのペースで施術を受けていただくと良い状態になったからだを維持していただけます。

あわせてご紹介するストレッチ・体操をしていただくと良い状態をキープしやすくなります。

 

からだの事でお困りの方はお気軽にお問合せください。

 

 


tel06-6151-9998
営業時間 10:00〜20:00     定休日:日・祝

予約状況についてはお問い合せください。(最終受付:19時20分)